本気で成績を上げたい生徒さん・保護者さま!
こんにちは!
今回は前記事の予想問題に引き続き
2月16日・17日に行われる
志津中(中2・数学)学年末試験対策 学習のポイント
についてお話します。
志津中学校


まず細かな勉強のやり方については動画をご覧ください。

学校から配られたワーク!これは必ず3回はやりましょう。
そして単元・分野ごとの注意点は…

①基礎の計算問題が自力で解ける
志津中の場合今回の試験範囲でメインになっているのは図形分野ですが
計算も数問出題されてくると思われます。
特に
正負の数の計算(1年)・文字式の計算(1年)・1次方程式の計算(1年)
式の計算(2年)・連立方程式の計算(2年)
だと思われます。この時期はじめから学習しなおすのは難しいと思いますが
得点が取りやすい分野なのでしっかり復習しておきましょう。

②三角形の合同条件に関する問題
利用の問題は差がつく単元だと思われます。
三角形の三つの合同条件がしっかり言えるとともに
合同な三角形を見つけ出しそれぞれなぜ合同なのかを言い当てる
問題が出てくると思われます(予想問題Ⅱのような設問)
図形が苦手でも点数が取りやすい分野なのでここは必ず押さえておきましょう。

③平行四辺形に関する問題
まずは
平行四辺形になる条件
平行四辺形の性質
をしっかり言えるようにしておいてください。
項目がそれぞれ多いので区別がつくようにしておいてください。
予想問題Ⅲのような設問が予想されます。
また特別な平行四辺形である長方形やひし形、正方形
の性質・なる条件も言えるようにしてください。

④仮定と結論に関する問題
予想問題のVのように仮定と結論を示す問題が出てくると思われます。
わかっていてもできない問題があるといけないのでしっかりワークを繰り返しましょう。

⑤図形の角度を求める問題
今回の試験範囲の中では比較的点数が取りやすい問題だと思われます。
角度を求める問題では
平行線の錯角・同位角
二等辺三角形の底角
角の二等分線を用いたもの
図形の内角と外角の性質
を使ったものだと思います。思いつけば正解できるというよりもワークに載っている問題の
パターンを繰り返しておくことでこのあたりは点数になると思います。

⑥証明の問題
今回の試験範囲の中では比較的点数が取りやすい問題だと思われます。
やはり証明に一番力を入れるようになると思いますが
証明には・・・
すべて書く問題(予想問題にはない)
穴埋め形式の問題(予想問題Ⅶのような問題)
があります。苦手な生徒さんは穴埋め形式の問題だけ対策するといいと思います。
ちなみに図形を見ながら考えていければしっかり正解できちゃう場合が多いと思います。
苦手といっても避けないで取り組むことをお勧めします。

エルヴェ学院ユーカリが丘校では
この1月から本気で成績を伸ばしたい生徒さんを対象にひと足早く
新年度生募集
を開始しました。
ユーカリ2017 新年度募集始動版(A4オモテ)-001
1月から始める生徒さんは・・・
入会金&月謝三か月分無料(H29.1月~3月分)
です。
ぶっちゃけ春から入るよりもこの3ヶ月間が無料なので絶対的にお得です。

まずは無料体験授業でユーカリが丘でNo1の個別指導をお試しください。(お問い合わせフォーム)
エルヴェ学院ユーカリが丘校
http://eleveryukarigaoka61.wix.com/mysite#!blank/c8gg
お急ぎの方は
043-463-9251(日曜を除く平日14時から)
までご相談ください。

エルヴェ学院ユーカリが丘校のHPはこちら
http://eleveryukarigaoka61.wix.com/mysite
も是非ご覧ください。