ふだんあまり本を読まない貴方(失礼かな?)。

そんな貴方にとって、いきなりと言うか、やっぱり出されちゃった
読書感想文

読書感想文の課題・・・

わかってはいても、いざ直面すると、毎年途方にくれてしまうかもしれません。

どんな本を選べばよいのだろう・・・

そこで取りあえず、本屋さんに足を運んでみます。

この時期になると、決まって専門コーナーが開設されて、
読書感想文のオススメ図書が目立つ位置に積まれています。
大体は、いわゆる“推薦図書”を中心に置かれています。

そこで貴方は、そのうちのどれかを手にとってみるでしょう。

そこで
「これはイケる。お、面白いぞ!」

と思った本があれば、それを持ってレジのカウンターに向かいましょう。

でも・・・

どうでしょうか?

そのような興味をひく本との奇跡的な出会いがこれまであったでしょうか?

残念ながら、読書感想文が億劫と感じる生徒さんはそのような嬉しい経験はなかったのではないでしょうか?

正直に言いましょう。

はっきり言って、
「推薦図書」「課題図書」に、面白いものはありません。

だから、そうしたものは感想文のネタとしては最悪です。

もっとも読書感想文のコンクールにこぞって参加するぞ~と呼びかけられて、否応なく“それ”を

読まなくてはならない場合も有るでしょう。

皮肉なことですが、そういうケースなら「何を読むべきか?!」で悩むことはありませんねw。

さて、ではどんな本が良いでしょうか?

第一に、自分が興味あることや関心のあること
について書かれたものがいちばんです。



とはいっても、漠然としていますよね。

具体的にいきましょうか。

   教科書に載っていた話

手っ取り早いですが、教科書に全文扱われていて、さんざん授業で扱われたものは、さすがに担任の先生もまゆをしかめてしまうでしょう。ですが、一つのエポソードだけ扱われてたならば、それ以外の部分をネタに。使えるかもしれません。

   名作!!

中には時代を超えて、誰がなんと言おうが名作!ってのがあります。

だいたいAmazonとかの評価で5.0とか4.9とか、笑っちゃくらい高評価だったりします。

ほとんどのレビューが、お父さんお母さん世代の“懐かし感動レビュー”ですw


例をあげましょう。

低学年の方なら、「モグラ原っぱの仲間たち」「ちいさいモモちゃん」シリーズ。

中学年の方なら「チョコレート戦争」「誰も知らない小さな国」など

高学年なら、「窓際のトットちゃん」「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間たち」など。

他にももちろんたくさんありますが・・・

正直、文句なく「おもしろい!」作品群です。

これらの作品がイイのは、お父さんお母さんがかつて読んだ場合があるからです。

うまくすれば、いろいろインタビューしているうちに「感動ポイント」を教えてもらえるか知れません。

   映画やドラマの原作本

一回映像化されたもののなら、興味を持ったきっかけもハッキリしています。

また感想も書きやすいでしょう。ただし、原作を大きく改変されたものも多いので気をつけなければなりません。



いずれにしても、どの本を選ぶかは、最初の第一歩に過ぎません。

大切なことは、必ず「読みきる!」ことです。

頑張ってくださいね!

次の記事では、具体的な書き方についてお話したいと思います。

学習習慣をつけたい、効率の良い勉強方法を知りたいなど
学習に関するご相談は(お問い合わせフォーム)
エルヴェ学院ユーカリが丘校
http://eleveryukarigaoka61.wix.com/mysite#!blank/c8gg
お急ぎの方は
043-463-9251(日曜を除く平日14時から)
までご相談ください。

エルヴェ学院ユーカリが丘校のHPはこちら
http://eleveryukarigaoka61.wix.commysite
も是非ご覧ください。