本気で成績を伸ばしたいとお考えの生徒さん・保護者の皆様 こんにちは!

今回は

この夏に進めておくべき国語

についてお話しようと思います。

国語は鬼門になりやすい教科

ともいえます。もっと言えば

5教科の中で一番成績が上がりにくい教科=国語

です。特に上位校を狙う生徒さんは国語で点数が取れないと致命傷になります。

またどうしても国語は

テストの問題ごとに取れる点数がブレる

という不安定なケースが多いようです。


国語で点数を取るには2つのコツがあります。一つ目は

安定的な読解方法を身につけているか

ということが大事です。
これを訓練するには

くもんの中学基礎がため100%(中1~3国語 読解編)

くもん
です。
このテキストは1~3年で三冊ですが一問一問が良問なのと文章量が少ないので毎日こつこつ訓練するには良いと思います。使い方としては普通に問題を解いて解説を読み込むこと。解説を読み込む際には自分が出した解答の根拠と解説している内容が同じかどうかを確認していってください
むしろ解いている時間より解説を読み込んでいる時間が大事だし長くなると思います。毎日4~6ページのペースがよろしいかと思います。

 

そして二つ目は

努力して点が取れるものをしっかりやり込んだか

という点です。読解問題は毎日コツコツやっていかないと点数になりません。一方で

漢字練習や古文の読解

は対策するればするほど点数になっていきます。
古文の読解が苦手な生徒さんには

高校入試 とってもすっきりシリーズ 古文漢文

古文漢文
がお奨めです。説明文・論説文・物語文の読解が苦手でも古文の読解は比較的練習するば点数がとりやすい分野です。古文では

全体のストーリー展開

登場人物とその行動の把握

がよく質問されるポイントです。それらをしっかり練習できる問題集だと思います。


そして漢字は

1106032109_main_l
 

千葉県の入試問題では漢字が16点分出題されます読みの問題は中学3年までの内容、書きの問題では小学6年生までに登場する漢字が中心になっているようです。

漢字については代表的なテキストを挙げましたがこれも何のテキストを使ってもOKです。

 

最後に国語で大事なのは

・安定的な読解能力をつける訓練はこの夏からじゃないと間に合いません。

・努力してすぐ点数が取れるようにあるのは漢字と古文読解

だということをあらかじめ知った上で学習に臨むのがよろしいかと思われます。

 
学習習慣をつけたい、効率の良い勉強方法を知りたいなど
学習に関するご相談は(お問い合わせフォーム)
エルヴェ学院ユーカリが丘校
http://eleveryukarigaoka61.wix.com/mysite#!blank/c8gg
お急ぎの方は
043-463-9251(日曜を除く平日14時から)
までご相談ください。

エルヴェ学院ユーカリが丘校のHPはこちら
http://eleveryukarigaoka61.wix.com/mysite
も是非ご覧ください。