単語の練習・暗記が済んだら文法というか英文の勉強です。


試験勉強において一番手っ取り早い点数がとれる勉強方法は

「教科書本文を暗記すること」


が無敵の勉強方法だと思います。
ただし英語は単語などは暗記である反面、暗記だけでは通用しない部分が学年を追うごとに増えていきます。

井野中・志津中の試験問題を覗いてみると教科書の本文がそのまま
出ている感じでもなくなってきています。

そのため日頃から


英文に慣れ、英語を日本語に直すことに慣れる

英文と日本文のリズムの違いを自然と意識できるようにする



ことが必要です。

普段から英語に慣れるために自分で教科書に沿った形でノート作りをしていく必要があります。


    まずは教科書の英文を丁寧に正確に写します。

    写したら進出単語(教科書の右端にあるもの)を写し、意味を書いていきます。この段階で読み方も自分で読めるように書いておきます。この段階では事前に単語練習をしてきているので単語についてはある程度わかる状態だと思います。ノートの右ページには一目でわかるように各英文の日本語訳を書いていきます。

    英文に訳を付けていきます。ちなみに

訳を付ける際には教科書ガイドなどを直接見ながら写してもかまいません。



(そもそも英語が苦手な生徒さんには訳をするというのは苦行です。まずは点数が取れることが大切なので訳をするという工程は省略し英文を理解することから入った方が明らかに楽です。訳をする力はある程度コンスタントに点数が取れるようになったら考えればいいと思います)



また単語と文法のつながりを意識することで英文⇔日本文の力がついてくると思います。


    教科書の基本文を写す。

この後でワークを解いていくのであらかじめ把握しておくべき事項です。



 このノートを作るタイミングとしては中学校で「Lesson3-2に入って1,2回授業が終わった」頃から始めていくのが理想です。