英語は生徒さんにとっては全く未知の言語です。

我々大人が英語以外の言語を学習するのと同じくらい生徒さんにとってはかなりハードルが高いものです。

まず、日本の中学校で行われる英語教育と入試などで使う受験英語に共通する点は

  英語を書く力(単語・文法の知識)

  英語を読む力(英文の読み取り、発音アクセントなど含む)

  英語を聞く力(ヒアリング)

です。
 

 学校だけではペラペラに話す力を身につけることは難しいのですが、
最低限定期試験で目標点を突破すること、志望校別の受験勉強にもこの3つの力で乗り切ることができます

ただし中学1年生の最初の段階ではある程度の挨拶などを英語でスピーチする力が要求されます。それ以上に楽しく興味を持てるような学習が必要です。



まず英語で押さえておきたいのが3つ…

・単語

⇒まずは書けなくても見て意味がすぐに出てくることを目指してください。

 *もちろん試験前までに書けるようになることは必要です。

・文法(と熟語)

⇒英文の構造(主語の次に動詞)が無意識に出てくるまで行う。一番効果的なのは教科書

 本文を覚えること。

・読解

⇒単語と文法の力が伸びるのと比例してできるようになるのが読解です。読解だけを練習するのは中3になってからでOK。



です。小学校から英会話教室に通っている生徒さんも多いと思いますが
その場合にも油断はできません。


http://yukarigaoka-elever.blog.jp/archives/22206893.html

http://yukarigaoka-elever.blog.jp/archives/22207378.html

も合わせてお読みいただけると幸いです。