千葉県では会場模試というとVもぎとSもぎがあります。

学校や塾で案内をもらいますが果たしてどっちがいいのか?

どっちがいいというよりもどう違うのかをお話しします。

 

Vもぎ

千葉県以外のデータも豊富な進学研究会主催

受験者数はSもぎより多い(会場もたくさん設定されています)

*ただし早目に申し込まないと希望の会場が満員になってしまうことがある

問題はSもぎに比べると難しめである


 

Sもぎ

千葉県に特化したデータをもった総進図書主催

総進図書は中学校で行われる実力テストの問題を作成しているといわれている

受験者数はVもぎより少ないが、付録(受験資料)・おまけが豊富

偏差値はVもぎに比べると高めに出る。


 

偏差値についてですがたとえばある受験生のVもぎで偏差値50だった場合、Sもぎだと55ぐらいになって出てくると思います。


だからVもぎ・Sもぎで合格基準が異なります。それぞれの模試でそれぞれの合格基準を参考に話を進めていかないと混乱します。ここが注意点です。


どっちがいいというと両方を混ぜて受験するのがいいと思います。