後期の出願が終わり、倍率を見て志願変更を考える時期ですね。

ここでは去年度(平成26年)の後期入試での合格最低点を見ていきましょう。
ちなみにあくまで合格最低点なので内申の具合によってはさらに点数を取らないといけません。
あくまでこれも参考として見ていってください。

船橋(普通)  410点  
船橋(理数)  405点
千葉東     400点
佐倉       385点
八千代(普通) 365点
成田国際(普通) 350点
幕張総合(普通) 340点
津田沼 320点
千葉北 290点
市立習志野 285点
船橋芝山 280点
四街道  235点
八千代東 225点
柏井  220点
実籾  220点
佐倉東 210点
佐倉西 180点
八千代西 150点

この点数が合格最低点です。なので・・・目標とする点数は

この点数+5~10点

を目標に取り組んでください。

ちなみに後期試験は

40分の試験なので問題数が減る分、一問一問の配点が大きい
→特に上位行を狙っている受験生はいかに失点を防ぐかが合格のカギ。

最近は前期入試より問題の難易度がやさしい
→「やったぁ!前期よりも取れた」と思っても、みんな点数が取れているから合格基準は前期よりむしろ上がっているか同じくらいになる

が注意点です。