理香教科書

理科は実験を中心に学習する1分野、観察を中心に学習する2分野と分かれています。

理科の学習は主に定期テスト前が中心となります。基本的には社会とやり方は同じですが分野で内容が異なるのでポイントとなる部分も異なってきます。



定期テスト前にやることとして

  学校配布のワークを最低3回は解く。




社会と違う点は

 問題(問われ方)ごと暗記する




ことです。

これまで理科の勉強をしてきて教科書で用語を一問一答的に暗記していくだけでは点数が取れなかったと思われます。社会では知識を問う問題が多いのです。だから教科書⇒問題集の順で進めてもそこそこ点数になりますが理科ではそうもいきません。


知識以上にそれを活用していく問題、実験に対して結果を求めていく問題が多いのです。イメージとしては問題集⇒(最後の仕上げに)教科書という流れの方が効率が良いと言えます。



 暗記をするのであれば問題の種類・パターンごとに暗記していく必要があります。具体的にいうのであれば問題に出てくる図やイラストをもとに実際にどのような実験を行っているのかを把握していくことが必要です



この勉強方法で80点は取れちゃうと思います。 

また最近は
ワークに載っている通りではなく逆も聞かれます!
例) 太平洋とカリブ海・大西洋を結ぶ運河がある国?
   答)パナマ
とワークに載っていたら・・・
   パナマには運河があるがつながっている三つの海は?
   答)太平洋・カリブ海・大西洋
と答えさせることが多くなっています。

答えを隠して問題が言えるかどうかも仕上げで試してください


点になる理科の勉強方法など、
学習に関する相談は
エルヴェ学院 ユーカリが丘校
お問い合わせ・相談フォーム↓

https://ssl.xaas.jp/x2770162/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/2?_ga=1.146473655.2069194162.1434687180

お急ぎの場合には

043-463-9251
(日曜祝祭日を除く平日の14時~20時で受付中)

までお待ちしております。