10132106278


【メンタル編】

大人の場合、仕事でも家事でも

①     “しなければいけない”からしょうがなくやっている。

⇒これは積極的ではありませんね。でもお母さん!家事はできるだけ早めに片づけて昼からはママ友とお茶したり、家でドラマの再放送を見ながらまったりしたいですよね。


②     頑張った分だけ帰ってくるのであれば一生懸命やる。

⇒お父さん。会社からの自分の評価って気になりますよね?だって給与やボーナスに影響でますよね。だから頑張った分を還元してもらうために毎日努力していますよね。


これをウチの子の家庭学習に置き換えてみましょう。

まず大事なのは


・ やらなければいけないことをやってから好きなことをする。

小学生であれば苦(勉強)と楽(遊び)が同時に並んでいたら楽をとってしまうでしょう。

でも学校の宿題などはやらなければいけないものです。だったらやらなければいけないことをきちんとやってからの方が何も気にせず楽を味わえる(遊べる)ということをウチの子に認識させることです。


・ 頑張った分だけ褒めること。もちろんご褒美も。

誰でも褒められることは嫌なことではありません。ウチの子をやる気にさせるにも同じです。たとえば学校の宿題であれば


“えっ!もう終わった?凄い!”“さすが〇年生だね”“えらい!”

ウチの子にとっては他人から見て甘やかされているぐらいがちょうどいいです。

そしてご褒美をあげることも忘れずに


“じゃあ、遊びにいっていいよ!”“ゲームしてもいいよ”


等です。ご褒美はモノでなくてもいいし。モノだとそれを繰り返すことによりご褒美を期待しすぎて管理が難しくなります。

 

小学生に学習習慣を付けさせたい!やる気を持たせたい!

お子さんの学習のお悩み相談は

エルヴェ学院 ユーカリが丘校

お問い合わせ・相談フォーム

https://ssl.xaas.jp/x2770162/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/2?_ga=1.146473655.2069194162.1434687180

お急ぎの場合には

043-463-9251

(日曜祝祭日を除く平日の14時~20時で受付中)

までお待ちしております。